警告 本ウェブサイトではお客様の利便性向上のためCookieを使用しています。Cookieの利用を承諾するには OK をクリックしてください。
防犯グッズ・護身グッズの専門店!
防犯のご相談は当店の防犯設備士にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。0665812880

ハイアラーム3システムシリーズ

ハイアラームシステム
ハイアラーム3システムは受信部である『SHA-500Z』、もしくは『SHA-300X』のどちらかと、
送信機の『SHA-100』、『SHA-70』、『SHA-60』のいずれかと連動させて、チャイムやアラームを鳴らす『防犯警報装置』です。
ワイヤレスなのでご家庭や事務所で簡単にホームセキュリティシステム+来客通知システムを構築できます。

ハイアラーム3システムの基本概要

各画像をクリックすると詳細が見られます。それぞれの機器は単体では使用できません。
送信部(センサー・ボタンなど)
ハイアラーム3 ビームワイド検知送信部 SHA-100
一定の範囲を警戒し、その範囲内で人や動物の動きがあった場合受信部に信号を送信します。
ハイアラーム3システム 非常用ペンダント型送信部 SHA-60
緊急事態を知らせるための常備型押しボタン送信機です。
ご老人に首などから常時ぶら下げてもらっておき、体調が悪くなったときなどのナースコールとしても使用できます。
ハイアラーム3システム 浴室用押しボタン送信部 SHA-70
防水仕様の押しボタン送信機です。
お風呂場でのナースコールや、受付の呼び出しボタンとして使用できます。
屋内電波到達距離約100m
受信機
ハイアラーム3システム 受信鳴動部 SHA=500X
ハイアラーム3システムの受信部。
3箇所までの鳴り分けを、表面のLEDで確認が可能。
その他、外部機器へ有電圧(12V)のリレー出力が可能で、非常ベルなどを連動させることが出来ます。
ハイアラーム3 受信部 SHA-300X
ハイアラームの基本の受信部の一つ。
3箇所までの鳴り分けが音の違いで分かります。無電圧(電源供給無し)のリレー接点を持っており、外部機器との連動も可能。

◆受信部『SHA-500Z』と『SHA-300X』との違い

受信部のSHA-500ZとSHA-300Xとは以下の違いがあります。目的に応じてお選び下さい。
仕様の違い SHA-500Z SHA-300X
前面LEDランプ表示 LEDランプが3つ付いているので音とLEDランプで視覚的にもどこからの送信かを判断できる。
※音は3種類あります。
LED表示ランプは1つだけなので音の違いだけでどこからの送信かを判断します。
※音は3種類あります。
有電圧リレー出力の有無 有電力出力、無電圧出力ともについているので、リレー入力端子の付いた機器で、定格以内のものであれば連動可能です。
※非常ベル、サイレン、自動通報装置などと連動可能。
※受信部からベルなどの機器までは有線になります。
有電圧出力は付いていないので電源の供給を必要とする危機とは連動できません。
無電力出力は付いているので、電源の供給を必要としない危機との連動は可能です(定格以内)。
※自動通報装置、電源供給された非常サイレンなど。
※受信部からベルなどの機器までは有線になります。
報知モードと警戒モードの切換 報知モードと警戒モードを受信部側で切り換えて使用することが可能。
SHA-300Xとは違い、送信部の設定を変更する必要が無いのでお出かけの時だけ警戒モードといった使用方法が可能です。
警戒モードはアラーム音の長さを3秒から5分の間で調節ができます。
モードの切り換えは無く、チャイム音の長さが固定の報知モードのみの使用です。
※送信部の設定でアラーム音を鳴らすことはことは可能です。
※リレー出力で自動通報装置や電源供給されたサイレンなどと 連動させると防犯のセキュリティ機器として使用できます。