警告 本ウェブサイトではお客様の利便性向上のためCookieを使用しています。Cookieの利用を承諾するには OK をクリックしてください。
防犯グッズ・護身グッズの専門店!
防犯のご相談は当店の防犯設備士にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。0665812880

MIWAのLSPタイプのシリンダー交換

シリンダーの交換方法について

シリンダーの交換は、意外と簡単にできます。
今回はマンションなどでよく使われている、MIWAのLSPタイプの交換の手順をご説明いたします。
LSP単体の場合の交換は非常に簡単なので、ぜひトライして見てください!

用意するもの

  • プラスドライバー
  • ドアストッパー(ドア自体についている場合はもちろん不要、また足で止めておく場合も不要)
以上です。

交換作業時の注意点

  • ドアが閉まってこないようにドアストッパーを挟んだりするほうが作業が楽だと思います。
  • ドアで指等を挟まないようにしてください。

交換作業

さくっと交換作業です。

1.ドアを開け、内側からサムターンを外す

サムターンを外す 内側のサムターンのネジをプラスドライバーを使って緩めます。

2.シリンダーを抑えながらもう一本のネジを外す

シリンダーもネジも外す 2本目のネジを外すとシリンダーも外れてしまうので、画像のようにシリンダーを抑えながらネジを外すと良いです。
まれにネジが3本のタイプもあります。

3.シリンダーが外れます

シリンダーが外れる シリンダーの外し方は以上です。

4.シリンダーの幅を調整する

シリンダーの幅を調整する LSPタイプのシリンダーの取り替えで最も難しい(?)部分です。
LSPタイプのシリンダーはカラーリング部分を回すと、ドアの厚みに合わせて、出っ張る部分を調整できます。
元々ついていたシリンダーと同じぐらいに調整すれば問題ないと思います。

5.シリンダーをつける

シリンダーをつける 外したのと逆の要領でシリンダーを取り付けます。
ドアの厚みに対してのカラーリングの調整がうまくいっていなかったり、内側のネジを強く締めすぎると、鍵がうまく回らないとこがあります。
設置した後は必ず内外から鍵を操作して、動作の確認をしてからドアを閉めてください。

以上で交換は完了です。
わからないことがあればお気軽にご連絡ください。
交換シリンダーはこちら⇒MIWA・LSPタイプの交換用シリンダー一覧