警告 本ウェブサイトではお客様の利便性向上のためCookieを使用しています。Cookieの利用を承諾するには OK をクリックしてください。
防犯グッズ・護身グッズの専門店!
防犯のご相談は当店の防犯設備士にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。0665812880

ホームセキュリティシステム機器の説明

防犯のセンサーには色々な形のものがありますが、種類で分けるとそんなに多くはないです。
センサー別の用途や利点などを把握して、セキュリティグッズの購入に役立ててください。

センサー(送信部)

警戒したり、来客を知らせるために主に感知する部分です。

◆マグネットセンサー

マグネットセンサー主にドアや窓に取り付けて開閉を感知します。

基本的にはスイッチ部とマグネット部の二つのパーツで構成されており、この二つが離れることで開閉を感知するという仕組みです。他のセンサーに比べ誤動作がほとんどなく、二つが離れるとほぼ100%感知してくれるので最も信頼性の高いセンサーだといえます。

◆パッシブセンサー(遠赤外線人感センサー)

パッシブセンサー人が通る場所(侵入路など)に取り付けて動きを感知します。

常時、物や動物から出ている赤外線を感知しており、その範囲内で温度差の
違うものが動いたりしたときに感知します。比較的広い範囲を警戒できるうえ、範囲もある程度指定して使用できるので店舗や常時入り口が開いている施設などの警戒には向いています。ただし、屋外に設置すると小動物(ネコ、鳥など)にも反応するので、設置場所には注意が必要です。

◆赤外線ビームセンサー

赤外線ビームセンサー目に見えない赤外線を線上に照射して、それを遮断すると感知します。

赤外線を投光する投光部とそれを受ける受光部があり、その間に照射され続けている赤外線のビームを遮断することで感知します。パッシブセンサーのように広い範囲ではなく限定されたラインを警戒するときに使います。屋外で使用する場合は遮断させると全てを感知するので注意が必要です。

◆火災センサー(熱、煙センサー)

火災センサー熱や煙を感知して火災を知らせます。

火災を感知して信号を送信します。感知方法として熱感知式や煙感知式紫外線感知式などがあります。
煙を感知するタイプは主に寝室や階段など、熱を感知するタイプは常時煙が出る可能性のあるキッチンなどに設置します。

押しボタン(送信部)

◆非常用押しボタン

非常用押しボタン押すことで警報を鳴らしたり、通報したりします。

火災や侵入者の発見などの以上を察知したときに任意のタイミングで警報装置や
自動通報といったシステムを作動させることが出来ます。
火災の警報装置であれば壁面など目に付く場所、侵入者通報などの場合はいつでも押せるデスクの下などに設置しておくのが適切です。

受信機

◆受信部(コントロール部)

受信部(コントロール部)システムのメインとなる部分です。

送信部から情報を受け取り、警報を鳴らしたり、自動通報したり、様々なシステムの基盤となる部分です。コントロール部自体で警報や自動通報が出来るものもあります。

外部の回転灯や非常ベルなどの機器と組み合わせることで複数の場所で音を鳴らすことも出来る機器もあります。基本的にはこの機器で来客通知や警戒モードなどのモードを切り換えることができ、リモコンなどを使って制御するものもあります。

警報部

◆非常ベル・サイレンなど

警報器受信部やセンサー、押しボタンから信号を受けて警報を鳴らします。

けたたましい音でサイレンなど大音量の警報音を鳴らします。基本のシステムの警報音では小さいときや、違った場所でも警報を鳴らしたいときに使用します。基本システムの中に含まれているものもあります。

自動通報機

◆自動通報装置

自動通報機受信部やセンサー、押しボタンから信号を受けて通報します。

受信部から信号を受けてあらかじめ登録してある固定電話や携帯電話に通報します。異常があったときにすぐ知ることができ、また、遠隔地からその場の状況を音できいたり、その場にいる侵入者に対して威嚇の言葉を言うことも出来ます。
この通報機からの通報をうけ、すぐに110番通報することで、侵入者に対して迅速な行動が取れます。